福岡市の外構・エクステリアのことなら田主丸緑地建設にご相談ください。完成した時の感動が10年後も変わらない庭づくりをご提案いたします。
HOMEGreen Tank夏に花が咲く花木> 6月~7月にかけて白花をつける落葉樹:ナツツバキ(シャラノキ)

6月~7月にかけて白花をつける落葉樹:ナツツバキ(シャラノキ)

ナツツバキ(シャラノキ)花


<特徴>
6月~7月にかけて、涼しげで品の良い白花(直径5~6cm)をつける落葉樹 
枝が横に張らないので、狭い場所にもよく使われる樹種です
自然の姿を鑑賞する木で、和風の庭や雑木の庭、茶庭などによく使われます。
生長すると剥離する幹肌も趣があります

<日当たり>

強い乾燥や強い直射日光には弱く、葉やけもしますので、建物の東側などの半日陰の場所が適しています。



<病害虫>
病害虫の心配はほとんどありません

お問い合わせはこちら