福岡市の外構・エクステリアのことなら田主丸緑地建設にご相談ください。完成した時の感動が10年後も変わらない庭づくりをご提案いたします。
HOMEメディア紹介> 2019年秋号 月刊エクステリアワーク・別冊「サードプレイス『庭・快適空間』2019」にグランピング施設『COMOREBI』が紹介されました。

2019年秋号 月刊エクステリアワーク・別冊「サードプレイス『庭・快適空間』2019」にグランピング施設『COMOREBI』が紹介されました。

サードプレイス「庭・快適空間」
月刊エクステリアワーク・別冊「サードプレイス『庭・快適空間』2019」秋号に、

(有)田主丸緑地建設のグリーンクリエーター小西 範揚が

全面プロデュースしたグランピング施設「COMOREBI」が

6ページにわたり紹介されました。

プロデュースを手がけるきっかけから、設計について、現場でのノウハウ、

今後の展開など盛りだくさんの内容となっております。


第3章

日本の景観文化を深化させる「サード・プレイス」思想
Third Place Philosophy


エクステリア業界のトップデザイナーがプロデュース
九州最大級のグランピング施設「COMOREBI」事業の先まで考えたコンテンツづくり
(有)田主丸緑地建設 専務取締役・小西範揚氏に聞く
(P52-P57)



EW1_R
全面プロデュースのきっかけ
p52
EW2_R
構図決め・設計について
p53
EW3_R
グランピングの設計について
必要な要素とは
p54
EW4_R
光の箱
現場への助言
p55
EW5_R
今後の展開
p56
EW6_R
今後の展開
p57
光の箱 K-34 (7212)
光の箱

自然と一体化したガラス貼りの客室です。
光の箱 K-34 (7191)
光の箱内部

インテリアもこだわった空間です。


今回、COMOREBIの設計やノウハウも紹介しており、

グランピングの魅力が知れる内容となっております。

皆さま、ぜひご購読ください。

お問い合わせはこちら

関連の施工作品を見る