福岡市の外構・エクステリアのことなら田主丸緑地建設にご相談ください。完成した時の感動が10年後も変わらない庭づくりをご提案いたします。
HOMEメディア紹介> NIWA 8月臨時増刊号の特集に出ています

NIWA 8月臨時増刊号の特集に出ています

HomeGarden & EXTERIOR vol.1

NIWA8月増刊表紙491
本誌は「家と庭、インテリアとエクステリア、ガーデンを含む一体的な心地よい空間の提案」を目的に、主に庭から考えた住まいや暮らしを対象として企画されたものです。そのため、ガーデン・エクステリア業界だけでなく、建築家、照明デザイナー、ハウスメーカーほか多くの関係者が参加しています。(編集後記より)

世界で一つだけのあなたの庭づくりに、とても役に立つ本に仕上がっています。とても見ごたえのあるものです。
どうぞ、ご覧ください。


2014年8月1日発行(年 2回 出版予定)
NIWA8月増刊
特集 P50~57 季節や時の流れを楽しむ
枝洋一さんと小西範揚さんの庭づくり
                      
経験を促す庭づくり 枝洋一さん(筑波ランドスケープ)
豊かな恵みをもたらす「小さな森」 小西範揚(田主丸緑地建設)




NIWA8月増刊
自然との共存・温故知新の庭づくりを基本理念として
「ソーマ(創・間)オリジナルガーデン」を展開している枝洋一さん(写真 上)と

「小さな森のつくり方」をコンセプトとして庭にも自然の森の心地よさを再現している
田主丸緑地建設の小西範揚(写真 下)の庭づくりについて、紹介されています。

季節や年月を経て育んでいく庭との関わりや、何年たっても
損なわれることのない庭づくりへの思いや技が盛り込まれています。




NIWA8月増刊
田主丸緑地建設が追及しているのは、美観が損なわれない普遍的な庭
私たちは、『10年後でも飽きのこない庭』そんな庭づくりをいつも考えています。
わずかなスペースにでも『小さな森』が創れるのです。

≪庭に親しむ3つのポイント≫も紹介しています。
自然素材の使い方・奥行感を出すデザイン・窓からの視界を意識した借景づくり

これらを総合的に考えて、
お客様のライフスタイルに合わせた、
心地よい『小さな森』を、私たちにご提案させてください。



NIWA8月増刊P3-4_R
このページでは、実際の施工例をもとに、問題点・解決策・デザインのポイントなどを紹介しています。

お問い合わせはこちら

関連の施工作品を見る