福岡市の外構・エクステリアのことなら田主丸緑地建設にご相談ください。完成した時の感動が10年後も変わらない庭づくりをご提案いたします。
HOMEお客様の声> 手がかからないけど、格好いい外構をご希望 春日市

手がかからないけど、格好いい外構をご希望 春日市

K-15_0879_HP
★お客様のご希望★

手がかからない作りが希望でした。


★プランの提案で気に入っていただいた点★

シンプルで格好いいところはとても気に入りました。


★工事後の出来はご満足いただけましたか?★

とても、よかったです。


★ご要望★

初めてのお庭なので、植物も初めてです。工事後しばらくの間は、定期的に見に来て欲しい。注意事項等も教えて欲しい。手入れ方法も教えて欲しいです。

<回答>

そうですね。はじめての庭木のお手入れ、心配ですよね。

◆灌水
一番大切なのは、夏場(4月~10月)の水やりになります。
基本は
 夏期なら、1日に一度、涼しい時間帯
 冬期なら、4~7日に一度、昼前の気温が上がる時(軒下でなければ、雨などもあるので、あまり気にされなくてもいいかと思います。)

下草は、地表から根が浅いため浸透させるような気持ちで”じわーっ”と時間をかけて、灌水してください。
高木はみなさまが思われているより長い時間をかけて、灌水してください。夏場の乾ききった土には思っている以上に水分が必要になります。


◆薬剤散布について
梅雨時期・夏季・残暑が長く続く時・通気の悪い場所に、病害虫が発生しやすいので、注意が必要です。
噴霧器にスミチオンやオルトランなどの薬剤をホームセンターで購入して頂いて、希釈後、葉の表面だけでなく、裏面にも散布してください。
樹幹の周りに木くずがある場合、その幹の中に害虫が入っている可能性があります。樹幹の穴へ、キンチョール等のストロー状の口を差し込み、液が溢れるまで、注入してください。


◆肥料について
目安は2~3月に遅行性の有機質肥料をおすすめしています。
油粕・堆肥・骨粉等です。ホームセンターなどでお買い求めください。


◆剪定について
邪魔にならない限りは、自然樹形を生かしていただくことをお勧めしています。邪魔な場合は、邪魔な枝のみを剪定してください。弊社での有料メンテナンスご希望の場合は、ご連絡ください。

※何か異常がありましたら、ご連絡いただければ、お伺いいたします。



お問い合わせはこちら